VIETNAM LABO

ラボ開発とは

ラボ開発とは、ご希望のスキルにあった人材+開発環境を弊社(ベトナム)にてご用意し、お客様のプロジェクトマネージャ(PM)が直接ベトナム人エンジニアをコントロール、細かい仕様変更、情報共有、品質管理等、従来オフショア開発にて問題となっていた部分を解決、時間をロスすること無く、思い通りに開発することが可能です。また、専属スタッフとなるため、自社で雇用したスタッフと同様にノウハウの蓄積、情報の漏洩などのリスクも軽減されます。

ラボ開発とは

従来型のオフショア開発との比較

ラボ開発の場合

メリット
  • ウォータフォール型/アジャイル型両方に対応
  • 人月14万円〜 (諸管理費込み)
  • 自社によるプロジェクト管理/人員管理が可能
  • プロジェクト管理が自分たち(自社)でできるため、情報共有や品質、スケジュール管理が容易
  • 自社の社員と同様の扱いで自由にアサインできるため、細かい仕様変更等にもすぐに対応可能
  • 開発コストが低く抑えられる

従来型オフショア開発の場合

デメリット
  • ウォータフォール型受託
  • 人月30万円〜 (直接人件費の3〜4倍)
  • プロジェクト管理に工数がかかる
  • 現場が見えずコミュニケーションロスが発生する
  • プロジェクトの軌道修正、仕様変更などの対応が遅い、できない
  • 開発コストが高騰
  • しっかりと人員計画通りに実施されているか不明確 (ダブルアサインなどの問題)

コストについて

優秀且つ安価なベトナム人技術者を、現地法人を設立する負担無く、即時に利用して、開発事業に専念することが可能となります。 自社設立の場合、会社設立準備〜業務開始迄に、おおよそ半年〜1年を要しますが、その期間を短縮。更に設立に必要なイニシャルコスト、各種人件費(法務、労務、経理、人事など)も大幅に削減できます。 また、ラボの場合、最低1名〜の契約も可能。少人数のプロジェクトでも十分に機能します。

人事採用について

弊社では自社スタッフの採用から、様々なノウハウを有しており、貴社スタッフのニーズにあった人員を質、金額、両面から判断し提案いたします。面接については、ご希望であれば弊社コミュニケータ(ベトナム人)がお客様採用ご担当者と同席の上、面接をすることも可能です。 大手人材紹介会社、有名大学、IT専門学校と提携し、人材の斡旋をして頂いております。

契約の流れ

契約締結

契約業務は全て日本で行います。契約期間、諸条件等を協議の上、PAXCREATION日本法人との契約となります。内容に問題が無ければ締結となります。契約は基本6ヶ月以上の契約で、契約保証金(3人月分)が発生いたします。

人員の面談(採用活動)

契約締結後、必要な人員の技術要件をヒアリングの上、人員の面談、または採用活動を開始いたします。面談はクライアント様が直接実施(弊社コミュニケーター同席)することも可能です。

プロジェクト開始

開発メンバーが決定次第、プロジェクトの事前説明の後、関係者によるキックオフミーティングを経て業務開始となります。

業務管理

契約期間中は、人事、労務等の業務管理は全て弊社が実施します。基本的に6ヶ月以上の契約で自動更新となります。解約の場合は3ヶ月前に通知頂きます。契約を更新する場合、契約金のアップ(10%)が必要となります。業務終了し、契約期間が完了するとチームは解散となります。